女性は妊娠してママになると自覚した時、自ら積極的に情報を集められる方がほとんどです。対して男性は、出産後に自分の子どもを見た瞬間からがパパとしてスタートと認識される方が多いのではないでしょうか。だからこそ、夫婦間の子育てに対する情報量や意識の差を埋め、目線を合わせながら取り組むことが大切です。

多くの女性が妊娠中からママになることを意識して情報を集めるのに対し、男性は赤ちゃんを見たときに初めてパパとしての自覚が芽生える傾向があります。夫婦間の育児に対する情報量や意識の差をなくし、目線を合わせた子育てが大切です。